ADHD治療費はいくらくらいかかるのか【診療費・投薬費】

  • この記事は「ADHDの治療にかかる費用の目安を知りたい人」向けに書いています。
  • 読み終わるまでに約5分かかります
  • この記事は2019年8月20日に更新されました
私はADHDの治療を始めて約5年になります。これまで日本と海外で様々な治療を行ってきました。結論から言うと、大体の方が診療費+投薬費で5,000円~10,000円/月程度かかっていると思われます
※なお、特に記載のない場合日本国内かつ3割負担の保険診療を想定しています。
 
ただし当然ながら費用は薬の種類や服用量によって変わります。
これからADHD治療を考えている方に参考になるよう、自分の場合はそれぞれの治療にどの程度費用が掛かったのかをまとめました。

診療費はだいたい2000円/月

私の場合、1回当たりの診療費はだいたい1,500円~2,000円程度です
この値段はコンサータ処方であれ、ストラテラ処方であれあまり変わらないと思います(ややうろ覚え)。
ただしコンサータは法令で1か月分しか処方できないため、コンサータを服用する場合は診療頻度が増えることを考慮に入れる必要があります
また、アクセプタを服用していた時は通院していなかった(通販で購入していた)ため※、診療費をゼロに抑えることができていました
管理人
管理人

アクセプタを通販で買っていた理由は、病院に定期的に通えないやむを得ない事情があったためで、やむをえなかった。当然ながらお勧めしない。

投薬費は薬の種類により大きく異なる

コンサータの場合

コンサータの薬価は容量により異なります。私の場合は54mg/日を処方されている(18mg+36mg)ため、薬価は30日分で約6,700円かかります

ストラテラの場合

ストラテラの薬価も容量により異なります。私の場合は40mg/日を処方されていたため、薬価は30日分で約4,200円かかっていました。

アクセプタの場合

アクセプタはストラテラのジェネリック薬品です。アクセプタの薬価も容量により異なります。私の場合は40mg/日を購入していたため、薬価は30日分で約2,000円かかっていました。

おまけ:海外の場合

私は一時期とあるアジアの先進国に居住していたことがあり、その時の治療費はだいたい以下の通りでした。コンサータを中心にADHD治療は高額だとよく言われますが、それでも日本の治療費は外国に比べれば安くすんでおりありがたいことだと思っています
 
診療費: 20,000円/回
投薬費: 80,000円/回(コンサータ 54mgx30錠)
合計 : 100,000円/回
管理人
管理人

海外駐在中であったためお財布は潤っていたが、それでもこの費用は堪えたぞ。会社に負担してほしいとお願いしたが断られて、それが転職する一つのきっかけになったな。

以上!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com