箇条書きの極意

短い文章で伝える技術はビジネスではとても大切です。
特に超忙しい外資系コンサルにおいては、長ったらしい文章はことさら嫌われます。
今回は箇条書きで短い文章で要点を伝えるための、以下3つのコツについてお伝えしたいと思います。

  1. ヘッドラインをつける
  2. サブブレットで構造化、短文化
  3. 要点を太字・色付けで強調する

例文

箇条書きを書くとき、以下のような箇条書きを目にすることはないでしょうか。

(例文)

  • 現状では新型コロナウイルスを検出できる唯一の検査法であるPCR検査を巡り、激しい論争が起きています。日本の検査件数は1日平均約900件にとどまり、中国メディアから「東京五輪を開催するため感染者を少なく見せようとしている」と批判されています。
  • PCR検査は偽陽性、偽陰性が出る可能性があるものの、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は「唯一の検査法であり、必要とされる場合に適切に実施する必要がある。国内で感染が進行している現在、全ての人にPCR検査をすることは対策として有効ではない」と指摘しています。
  • 「既に産官学が懸命に努力しているが、設備や人員の制約のため、全ての人にPCR検査をすることはできない。急激な感染拡大に備え、限られたPCR検査の資源を、重症化のおそれがある方の検査のために集中させる必要があると考える」と重症化の早期発見に全力を注ぐ考えです。
  • 加藤勝信厚生労働相は26日、国立感染症研究所や地方衛生研究所、民間への委託を合わせて最大で1日約3800件が可能と説明していたPCR検査について18~24日の実施件数は1日平均約900件と想定を大幅に下回っていることを明らかにしました。
  • 乗員乗客705人、厚労省の職員や検疫官ら7人の集団感染という「疫学的大災害」(米紙ニューヨーク・タイムズ)を引き起こした英国船籍のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の検疫でも検査能力の限界から感染拡大の実態把握が遅れてしまいました。

※こちらの記事から引用させて頂きました。ちなみに元の文章は箇条書きではありません。https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20200227-00164847/

今回は上記の文章を↓のような箇条書きにしていくための3ステップについて説明します。

——————————————————

  • 中国メディアは「日本がPCR検査の制限により意図的に感染者を過少報告」と批判:
    • PCR検査を巡り、日中で激しい論争
    • PCR検査は現状新型コロナウイルスを検出できる唯一の検査法
    • 日本の検査件数は1日平均約900件
    • 中国メディアから「東京五輪を開催するため感染者を過少報告している」と批判
  • 日本側は適切なターゲットにPCR検査を行っていると反論:
    • 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議によれば
      • 偽陽性、偽陰性が出る可能性があるものの、現状唯一の検査法
      • 必要とされる場合に適切に実施するべき
      • PCR全数検査は有効ではない
  • 日本の検査方針は「重症化の早期発見」:
    • 日本側の方針は以下の通り
      • 設備や人員の制約のため、全ての人にPCR検査をすることはできない
      • 限られたPCR検査の資源を、重症化リスクの高い患者に集中
  • 4月18~24日のPCR検査数は想定を下回っている:
    • 当初は最大で1日約3800件が可能と想定(公共、民間合計)
    • 18~24日のPCR実施実績は1日平均約900件と想定を大幅に下回る
  • ダイヤモンドプリンセスの集団感染においても検査の遅れが発生:
    • クルーズ船ダイヤモンドプリンセスでは乗員乗客705人、厚労省の職員や検疫官ら7人が集団感染
    • 検査能力の限界から感染拡大の実態把握に遅れ

ヘッドラインをつける

各文には必ずヘッドライン(後に続く文章の要約)を別途記載します。
これを記載することでメンタルモデルを作成を促し、読み手の理解を促進します。
また、「忙しい人向け」のショートカットとしても機能します。

ヘッドラインのポイントは以下の通りです。

  • 1文で、多くても50文字まで
  • ヘッドラインだけ読めば、そのブレット(箇条書きのひとかたまり)の要点がわかる
  • 各ブレットのヘッドラインだけを読んでも意味が通じるようにする

基の文章にヘッドラインだけ付け足したものは以下の通りです。

——————————————————

  • 中国メディアは「日本がPCR検査の制限により意図的に感染者を過少報告している」と批判:現状では新型コロナウイルスを検出できる唯一の検査法であるPCR検査を巡り、激しい論争が起きています。日本の検査件数は1日平均約900件にとどまり、中国メディアから「東京五輪を開催するため感染者を少なく見せようとしている」と批判されています。
  • 日本側は適切なターゲットにPCR検査を行っていると反論:PCR検査は偽陽性、偽陰性が出る可能性があるものの、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議は「唯一の検査法であり、必要とされる場合に適切に実施する必要がある。国内で感染が進行している現在、全ての人にPCR検査をすることは対策として有効ではない」と指摘しています。
  • 日本の検査方針は「重症化の早期発見」:「既に産官学が懸命に努力しているが、設備や人員の制約のため、全ての人にPCR検査をすることはできない。急激な感染拡大に備え、限られたPCR検査の資源を、重症化のおそれがある方の検査のために集中させる必要があると考える」と重症化の早期発見に全力を注ぐ考えです。
  • 4月18~24日のPCR検査数は想定を下回っている:加藤勝信厚生労働相は26日、国立感染症研究所や地方衛生研究所、民間への委託を合わせて最大で1日約3800件が可能と説明していたPCR検査について18~24日の実施件数は1日平均約900件と想定を大幅に下回っていることを明らかにしました。
  • ダイヤモンドプリンセスの集団感染は検査の遅れが原因とも言われている:乗員乗客705人、厚労省の職員や検疫官ら7人の集団感染という「疫学的大災害」(米紙ニューヨーク・タイムズ)を引き起こした英国船籍のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の検疫でも検査能力の限界から感染拡大の実態把握が遅れてしまいました。

サブブレットで構造化、短文化

次に、各ブレッドの文章をサブブレットで構造化します。
サブブレットとはメインブレットよりも一段下のレイヤーに位置するブレットで、
箇条書き1文の中を更に箇条書きにします。
またサブブレットで箇条書き化すると文章内のつなぎ文句などが不要になるので、
余計な部分は削ってなるべく短い文にします。

サブブレットで構造化・短文化した文章は以下の通りです。
——————————————————

  • 中国メディアは「日本がPCR検査の制限により意図的に感染者を過少報告」と批判:
    • 現状では新型コロナウイルスを検出できる唯一の検査法であるPCR検査を巡り、日中で激しい論争
    • 日本の検査件数は1日平均約900件
    • 中国メディアから「東京五輪を開催するため感染者を少なく見せようとしている」と批判
  • 日本側は適切なターゲットにPCR検査を行っていると反論:
    • 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議によれば
      • 偽陽性、偽陰性が出る可能性があるものの、現状唯一の検査法
      • 必要とされる場合に適切に実施するべき
      • 全ての人にPCR検査をすることは対策として有効ではない
  • 日本の検査方針は「重症化の早期発見」:
    • 日本側の方針は以下の通り
      • 設備や人員の制約のため、全ての人にPCR検査をすることはできない
      • 限られたPCR検査の資源を、重症化のおそれがある方の検査のために集中させる必要
  • 4月18~24日のPCR検査数は想定を下回っている:
    • 当初想定では最大で1日約3800件が可能と想定(公共、民間合計)
    • 18~24日のPCR実施件数は1日平均約900件と想定を大幅に下回る
  • ダイヤモンドプリンセスの集団感染においても検査の遅れが発生:
    • クルーズ船ダイヤモンドプリンセスでは乗員乗客705人、厚労省の職員や検疫官ら7人が集団感染
    • 検査能力の限界から感染拡大の実態把握に遅れ

要点を太字・色付けで強調する

最後の仕上げとして、重要部分を色と太字で強調します。協調により要点が更にシャープに伝わるようになり、読み手の理解度は更に向上するはずです。

—————————————————–

  • 中国メディアは「日本がPCR検査の制限により意図的に感染者を過少報告」と批判:
    • PCR検査を巡り、日中で激しい論争
    • PCR検査は現状新型コロナウイルスを検出できる唯一の検査法
    • 日本の検査件数は1日平均約900件
    • 中国メディアから「東京五輪を開催するため感染者を過少報告している」と批判
  • 日本側は適切なターゲットにPCR検査を行っていると反論:
    • 新型コロナウイルス感染症対策専門家会議によれば
      • 偽陽性、偽陰性が出る可能性があるものの、現状唯一の検査法
      • 必要とされる場合に適切に実施するべき
      • PCR全数検査は有効ではない
  • 日本の検査方針は「重症化の早期発見」:
    • 日本側の方針は以下の通り
      • 設備や人員の制約のため、全ての人にPCR検査をすることはできない
      • 限られたPCR検査の資源を、重症化リスクの高い患者に集中
  • 4月18~24日のPCR検査数は想定を下回っている:
    • 当初は最大で1日約3800件が可能と想定(公共、民間合計)
    • 18~24日のPCR実施実績は1日平均約900件と想定を大幅に下回る
  • ダイヤモンドプリンセスの集団感染においても検査の遅れが発生:
    • クルーズ船ダイヤモンドプリンセスでは乗員乗客705人、厚労省の職員や検疫官ら7人が集団感染
    • 検査能力の限界から感染拡大の実態把握に遅れ

以上!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

WP Twitter Auto Publish Powered By : XYZScripts.com